製品開発を効率よくできる|3Dプリンターを導入しよう

ウーマン

社員証の印刷に便利

プリンター

対応メディアなどを確認

社内にカードプリンタが1台あると何かと便利です。特に需要の多い社員証を社内で印刷できるようになるため、社外に発注するときに比べると時間やコストの点で有利になります。一口にカードプリンタといっても、製品が備える機能は様々です。どのような目的で使うことが多いのか検討した上で、それを満たしてくれる製品を選ぶのがコツです。企業であれば社員証を印刷するのに使うシーンが多いと考えられます。社員証では顔写真をあわせて印刷することも多いため、カラー印刷に対応したカードプリンタが最適です。企業では社員に関するデータをパソコン内で管理しているのが一般的です。カードプリンタにはそういったデータと連動して印刷できる機能を持つ製品もあり、氏名や所属といった文字情報が自動で挿入されます。パソコンと連携できる専用のソフトウェアが付属している製品なら、面倒な入力作業を省くことができ快適です。出力できるサイズも製品によって異なります。価格が高くなるほど対応できるサイズも豊富になるので、こちらも用途に合わせて選びます。名刺サイズでの出力のみ検討しているのであれば、安い価格帯の製品で十分です。従来のカードプリンタは、紙に印刷したものをプラスチック製のケースに入れて使うのが一般的でした。しかし最新の製品では、初めからプラスチックカードに印刷できるものも登場しています。紙と変わらず美しい印刷品質を備え、折れや水濡れにも強いのが特徴です。プラスチックカードでの運用を想定しているのであれば、対応しているかも導入前に検討しましょう。