製品開発を効率よくできる|3Dプリンターを導入しよう

ウーマン

最新機種が使用できる

通話

月々の費用も明確

オフィスの開設や移転などで、ビジネスフォンを導入したり、リニューアルしたりする場合があります。その際一番気になるのは、費用ではないでしょうか。出来るだけ、導入費用を抑えたいというのは誰しもが考えるところです。そんな時に検討してもらいたいのが、ビジネスフォンのリースです。一番のメリットは何と言っても、自分で購入しないため、購入にかかる費用が発生しないということ。リースというくらいですから、月々決まった費用は支払いしますが、一度に多額の費用が発生することがありません。よって、その分の費用を他の投資に回すことが出来ます。また、ビジネスフォンの最新機種を使用出来る場合が多く、自分たちで選んだ最新機種をオフィスで使用することも可能です。ビジネスフォンのリースの期間も、ある程度柔軟に設定が可能で、3年から7年が主流なようです。リース期間を長く設定すると、月々のリース料支払いは安く抑えられます。それぞれの企業でリース期間は異なりますので、事業計画に応じて設定することが必要です。ビジネスフォンをリースする場合に出る、もう一つのメリットは、固定資産税の支払い義務が生じないということです。ビジネスフォンの所有者はリース会社となりますので、支払い義務はそちらに生じます。使う側としては月々のリース料さえ支払えば、ビジネスフォンを使うことができるので、費用は明確化出来ます。リース期間が満了した時、ビジネスフォンは返却する義務があることは、覚えておく必要があります。