製品開発を効率よくできる|3Dプリンターを導入しよう

オフィス
通話

最新機種が使用できる

ビジネスフォン購入の場合に生じる多額の費用を抑えることが出来るのが、リースでの導入です。導入費用が少額で済むことから、その分の費用は他の投資に回せます。月々決まったリース料を支払うことで、最新機種を使うことも可能です。

電話

ネットワーク利用の電話

IP電話はネットワーク網を利用して、電話のサービスを使うことができ、一番大きなメリットとしては保守費用が低減できるということです。さらにスマートフォンとの親和性も高いものがありますので、ビジネス向けにはIP電話の仕組みを導入する企業も増えていくのです。

プリンター

社員証の印刷に便利

名刺や社員証が欠かせない企業においては、カードプリンタが一台あると便利です。購入前には対応しているサイズや印刷用紙などを確認し、ニーズを満たしてくれる製品を選ぶようにします。社員証では写真を印刷することも多く、カラー印刷がきれいな製品が適しています。

製品開発の効率化を図る

3Dプリンター

試作品をすぐに作れる

企業が3Dプリンターを導入する利点のひとつに、試作品を安価かつ高速に制作できることが挙げられます。従来ならば金型をわざわざ作ったり、職人の手を借りたりして作っていた試作品を創っていました。一方、3Dプリンターを使うとデータと樹脂などの素材さえあれば即座に制作できます。こうして短時間で試作品を作ることができれば、人件費などのコストも削減できますし、製品化までのプロセスを効率化すうことによる利益向上も見込めます。もしも金型などの制作を外注していたのであれば、3Dプリンターの活用によって外注コストを丸ごとカットすることも考えられます。試作品を手軽に制作できることは、機能性や使い勝手を追求しやすいとも言えます。つまり、微妙にデザインを変えた試作品をたくさん作り、どれが最も優れているのかを比較・検証できるということです。ここまでは設計や開発に関わる3Dプリンターの利点ですが、その前後のプロセス、すなわち企画と製造においても3Dプリンターは活躍します。企画の時点では、プレゼンに使うための模型を作ることで訴求力を高められます。製造においても、パーツの一部分だけでも3Dプリンターに切り替えることができれば、品質を確保あるいは向上させながらの大量生産が実現しえます。また、大抵の場合、3Dプリンターでパーツを作った場合、重量が軽くなります。自動車などの乗り物では軽さが燃費に関わりますし、手で持つ製品でも軽いほうが疲れにくいです。製品重量を軽くできることは、製品のアピールポイントにもなる重要な要素です。以上のように、3Dプリンターの導入には様々な利点があります。企業活動の効率化が図れる、とても導入意義のあるアイテムと言えます。